ごあいさつ

みなさん、いつもありがとうございます。ライボ郎です。
今回は「ザ・ネゴシエーター」の実況ブログです。前回のイベントカードは厳しいカードが出てきましたね。こんかいはどのような展開になるでしょうか?
このシリーズの初回はこちらをご覧ください。

ではここからは実況・解説のお2人にお任せしましょう。
実況:みなさんごきげんよう。実況のA部です。解説はB藤さんです。
解説:B藤です。よろしくお願いします。
実況:では、「説得フェイズ」からまいりましょう。


説得フェイズ

実況:それではプレイされる会話カードに注目しましょう。
DSC_1279
実況:これはどのようなカードでしょうか?
解説:プレイヤーは要求カードを開いてみたいんでしょう。
   でも、そのカードによって痛い目に会うこともあるので、慎重にいくべきですが。
実況:サイコロはどうなるでしょうか?
DSC_1280
解説:サイコロの1つが「2枚のカードを捨てると勝利数1になる」④の目が出ているので、2枚のカードを捨てましたね。
   こうなると、「要求カード」1枚めくるか、または会話ポイント1点ですが、今は会話ポイントの方が良いと思うなあ。
実況:プレイヤーの選択はどうなるでしょうか?
DSC_1281
実況:「要求カード」を公開しましたね。
解説:どうかなあ?これは良いのかなあ?
   まあ、この要求を無視することもできますけどね。
DSC_1283
実況:これは・・・・、要求をのみましたか?
解説:そうですね。イベントカードが半分になっているので、逆転できる要素のあるカードを取りに行きましたね。


計画フェイズ

実況:ここで計画フェイズなのですが、ご存じの通り会話ポイントがマイナスなので、会話カードを買うことができません。
解説:これがどう響くか、ちょっと想像がつきませんねえ・・・・



イベントフェイズ

実況:さあ、ここからイベントフェイズです。この状況が良くなるか、さらに悪化するのか?
解説:見てみましょう。
DSC_1284
実況:「感情レベル」が1つ上がりました。
解説:それだけではありませんよ。
   先ほどの「要求カード」ペナルティで、感情レベルが上がるときさらに1つ上がりますよ。感情レベルが最悪の状態になってしまいましたね。犯人ブチギレですね
実況:さあ、ここからどのように展開するのか、次回をご期待ください。



さいごに

ここまでありがとうございました。
別のシリーズの実況ブログはこちらをご覧ください。


このブログに対する応援や苦情など受け付けております。
拍手ボタンも受け付けております。
また次回もよろしくお願いします。